本を読むために靴をはく。

お外で本を読むのが好き。1日1冊400字。

『論語』と孔子残念だった説。

今日は古典だワン。

論語 (岩波文庫 青202-1)

論語 (岩波文庫 青202-1)

論語は面白いワン。

「学びて思わざれば則ちくらし、思いて学ばざれば則ちあやうし」というやつが好きだワン。

勉強をしすぎたり、本を読みすぎたりすると頭でっかちになるワン。


ただ、孔子はたぶん、ちょっと残念な人だった一面があるワン…。

孔子を賞賛する弟子がたくさん出てくるけど、どうもお気に入りがいるワン。そして、ちょっと愛想つかされてるヤツもいるワン。

あと、政治に対してあれこれ言う割に、孔子はあまり重要な役職につけてないワン。大学生にスゲーって言われている若手人事やリクルーターみたいだワン。

世間に不満のない人は、そんなに多くを語らないワン。きっと孔子も不満の多い人だったワン。

「友遠方より来たり。また、楽しからずや」も好きワン。孔子はもしかしたら、数少ない友人との再会を楽しみにしていたかもしれないワン。