今日の一冊教師400字ブログ

本の紹介。1記事400字。毎朝更新。

『本音で生きる』『ゼロ』は教員が読むべき2冊だワン。

今日はホリエモン

 

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

 

 僕はホリエモン信者ではないワンよ。でも、この人は日本で最も賢い人の一人だと思うワン。

 

自分の弱さを克服した人だと思うワン。ホリエモンに偏見を持つ人は『ゼロ』を読むといいワン。父親の鯉のぼりエピソードはマジで泣けるワン。彼が話を盛っているかどうかは関係ないワン。

 

『本音で生きる』をこれから教員になる人は一度読むといいワン。仕事の効率化を急ぐワン。

 

自分が受けた教育に失望した人の意見に、教員は耳を傾けるのがいいと思うワン。

 

その後、どんな結論を出すかは自由だワン。ただ、一度しっかりと受け止められるかどうか、僕たちは試されているワン。